学力向上から見えるもの(生活面から)

2017/06/01 14:00
以前の話から 多くの生徒と接してきました。6才から大学院生まで。これまで授業などで直接教えた人数でおよそ2000名ほどでしょうか。子どもたち(一部は青年)の様子から見えてくることがあります。 それはその子が親とどう接してきたかという点です。ここでは学力だけでいろいろとその子どもを評価することは避けたいですが、少なくとも、勉強や他のことに対する意欲や自主性という面で捉えていただければと思います。 親の気持ちの余裕 結論からいうと、親がどれだけ余裕を持った態度を示..

続きを読む

もっと見る