タブレットが決め手ではない

2016/10/29 07:00
文部科学省は、小学生にタブレットをもたせようと考えているようです。これでもって、学校の教育方法を一変させようと考えているようです。 試験的に導入した先進校の例をもとに、導入の方向へと進みそうですが、保護者の方々の経済的負担の増加などが危惧されます。 こういった電子機器は数年で陳腐化します。したがって小学校6年間通じて1台のタブレットを使用するというようなことにはならないと私は考えます。 兄弟のおさがりは体操服のようにはいかないでしょう。今や半年で機器の機種は..

続きを読む

もっと見る