合格発表がつぎつぎと

新聞の広告などに塾などの合格発表人数や合格体験記などが載るような時期になりました。さて、来年は自分の番だぞと思っている人もいるでしょう。 ちょうど一年後に志望校に合格できるかどうか、そしてそつなく通うことができるか試されることになります。そのためには入試の本番の日に向けてというよりも、これから1年、むしろあと半年の自分の行動が入試で審査されていると思ってください。 そう思い続けて学習…

続きを読む

宿題を自分から早く済ます気持ち

宿題は小学校ではほぼ間違いなく出ています。これを家に帰ってからすぐやる子と、家にいてもなかなか手をつけない子がいます。たいていご相談に見えるのは、なかなかやれないでいる子と思いきや、すぐやる子も塾に来ています。むしろ最近は後者のほうが多いです。   宿題はするものだということは頭ではわかっているようで、大方の子はまじめに取り組んでいます。したがって宿題はしている…

続きを読む

体力をつけたいとき

どうしてもいまひとつ疲れやすくて風邪もひきがち。そんなときは調子がいいときに自分のペースで運動してみましょう。   時間があまりない人は、春~夏なら朝、冬なら夕方に走るのをおすすめします。走ることで自分がどのくらいで息が上がるかわかります。   だんだん続けていくと長い距離を走ってもだんだん呼吸が楽になっていくのがわかります。体が慣れてくるんですね。   そうなってくると日課になって…

続きを読む

生活音の中で効果的な学習

かなり昔に、子どもがなかなか家で勉強をしないという相談を受けたことがありました。そのとき伺ってみたところ、子ども部屋を与えているとのことでした。どうしてもひとりでは気が散って集中しないというお話でした。 そこで、このように提案しました。ダイニングか家族が普段集まるテーブルで勉強してみてはとアドバイスしました。   そこは普段の生活の中心の場です。家族の目が始終…

続きを読む

文章題の点検

小学校低学年のうちは、文章題をご家庭で解くときに以下の点を点検してみてください。 (例題)りんごが3つありました。さらに4こ買いました。ぜんぶでいくつでしょう。 上のような問題の場合、ろくすっぽ文章を読まないで、 しき 3+4=7  こたえ 7こ と式を書き、答えてしまうお子さんがいるとします。ここで文章を読まないで、数字だけ見て答えてないか確認するといいです。 宿題が足し算の単元だった…

続きを読む

同音漢字は意味こそ大切

漢字をなかなか書けない場合に、こんな理由がある場合があります。 小5ぐらいになると、たくさんの同音異義語を習います。それぞれ漢字で書く際に迷う場合があります。 その理由のひとつは、その語の意味をしっかり理解していないままになっていることです。 漢字を宿題で書き取りするときに、意味をとらえながら理解していかないと、同音異義語が出てきたときに迷います。たとえば、「しゅうかん」には ①歯みがき…

続きを読む

選択肢のある問題は

お子様がテストや問題集を解くときに有用な情報です。 まだ低学年のうちには、要領よく解くことができないでいることがあります。たとえば、選択肢があり、答えがひとつずつ選択して答えられているのに、元の選択肢で選んだ項目を消さないで解いているようなときです。 もしこのようにやっているときには、選択肢で選んだものを横線を入れていくと残りが解きやすいよ。とそのようにやってみせて、アドバイスしてください。…

続きを読む

ほめてほめて、それから指摘

ふだんの家庭学習 小学生の時期ならば、保護者の方がお子さんの勉強をみることはごくふつうです。 でも学年が上がるにつれて、わが子に教えるほど大変に思うことはないかもしれません。 子も親の言動を常日ごろから身近で見てどう動くか知っていますから、なかなか親の言うとおりにはしてくれないと思います。 特に、いま習ってところがよくわかっていないときは親もあせります。あせりが災いし、で…

続きを読む

漢字のかくじつなおぼえ方

みなさんは漢字をどのようにおぼえていってますか。しっかりおぼえていくにはどんなことに注意しておぼえていくとよいのでしょうか。   テストの前までに漢字の読みと書きがぜんぶできているのならばそれほど心配いりません。しかしミスやおぼえていない漢字が書けていなければ、やはりおぼえ方をよくするほうがいいでしょう。   ではどんなところに注意しておぼえていけばいいのでしょうか。「ウ~ン、たくさん書…

続きを読む

忘れ物をなくし平常点を上げよう

学校では先生によっては、試験の点数とは別に平常点を多めにつける方がいます。成績をよくしたい人にとっては平常点の部分は切実かもしれません。   でも平常点を先生はみなさんたちのどんなところを見て評価しているのでしょうか。思い当たることもあるかもしれませんから読んでくださいね。ではまとめてみます。   プラスの評価につながる可能性があること ①授業中に発表をする。 ②他の人と協力し合うた…

続きを読む