低学年の家庭学習注意点

低学年の場合には家で学校の復習をすることがたいせつです。その際に家族の方が、お子さんに教えることになります。

DSCN3930.JPG

教え方は算数などの場合は教科書や学校でもらってくる家庭で行う宿題のプリントなどに書いてありますから、それに目を通してから教えると子どもたちは混乱しないで理解できるはずです。


我流の計算法などはかえって理解を遅らせてしまうことになりませんので、最初の基本を見につける際には、学校でお子様が教わってきた方法をそのまま教えられることをぜひおすすめします。


高学年や中学生になった場合に、小学校低学年の部分を教える場合には、大人の工夫した方法を教えても構いませんが、低学年はいずれもそのまま積み上げていくので、あまり独特な方法はなじまないと考えます。

この記事へのコメント