忘れ物をなくし平常点を上げよう

学校では先生によっては、試験の点数とは別に平常点を多めにつける方がいます。成績をよくしたい人にとっては平常点の部分は切実かもしれません。

 

でも平常点を先生はみなさんたちのどんなところを見て評価しているのでしょうか。思い当たることあるかもしれませんから読んでくださいね。ではまとめてみます。

 

プラスの評価につながる可能性があること

授業中に発表をする。

他の人と協力し合うために、まとめたり進行したりで活躍する。

道具を大事に使い、手入れをする。

人の嫌がることでもすすんでやる。

 

マイナス評価につながる可能性があること

忘れ物が多い。

授業中に注意される(おしゃべり・態度・遅刻など)。

言いつけや決められたことが守れない。

プラス評価①や②の逆の行動をする。授業に参加しない。協力的でない。

 

他にもあるかもしれませんが平常点が心配な人は、上にあげたようなマイナスの評価を受ける可能性のある行動や態度から改めてみましょう。

 

日頃から授業に協力する態度がとれるようになればいいですね。上のマイナス評価のなかでも「忘れました」の一言で、先生方は授業をしようという気持ちがそがれてしまいます。そういうときはなかなかプラスの評価をつけてもらえそうにはなりませんよね。

 

そこで忘れ物をしないコツをまとめました。

 

自分のメモ帳(薄くて小さいもの)をいつも使い、忘れそうなものを記入します。

家に帰ったらすぐにメモ帳を見ながら明日持っていくものを準備します。

宿題が終われば道具や教科書はすぐにかばんにしまいます。

寝る前に明日の持ち物をほんの少し点検します。

 

「ずいぶん念入りだなあ。」という印象を持った人は忘れ物しがちじゃないですか。忘れ物をしない人はすでに自然にそれらのことができているか、意識して行動していますよ。思い当たることがあったらやってみてください。

 

 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック