かけざん九九の影響力

現在小学2年生はかけざん九九をようやく9の段まで学校で教わりました。ユアステップでもここはゆっくり慎重に進んでいます。

Dscn3741

ようやく子どもたちから「九九ってべんり」という声を聴くようになりました。これで教えた甲斐が出ました。この「べんり」に気づくことが大きいです。

何も頭の中で難しい計算しなくても9×9までは口をついて出てくるのですから。

 

人間は基本的に楽をしたいようにできている一面があります。数学はそうした楽な方法はないかを求めて発展してきたともいえそうです。

 

したがって、子どもたちなりに算数の意味に気づき始めたところともいえます。かけざん九九はこれから習っていく算数の各方面のあちらこちらに顔を出します。

 

算数でつまずく場合このかけざん九九に手間取ってしまうことが大きなつまずきにつながりがちです。したがって、むしろこれから忘れないようにしておくことこそが大切です。

 

そのためには歌を歌うように九九がスラスラ出てくるまで練習することです。

 

 

おふろでおぼえる かけ算九九 (キッズレッスン)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437402098

この記事へのトラックバック