勉強の型を身に付ける

はじめて習い事を身につけようとするときは、どんなことでもよいお手本をまねることがいちばんの早道です。勉強も同じです。   最初は、お手本になる手順をまねてまずはこの方法を身につけます。このお手本の手法をくりかえし練習して、いつしか意識しないでもできるようになります。   そうなるとすでに人まねではありません。自分のかたちになって「身につく」ようになっています。ここまでががまんできない人は…

続きを読む

ともだちと一緒

ともだちと学ぶ良さがあります。 やはり相互に気にし合っていることが、教室で見ていてもよくわかります。このようにして相互に学び合い、高め合っていくそういうことがわかります。 教室では自由に会話していいことにしています。あまりに脱線した時にはさずがに軌道修正しますが、教室の活気を維持していくうえで、こうした友達との会話が潤滑油になっていることは間違いないです。 ひとりではくじけそう…

続きを読む

小学校のまとめのテスト

そろそろ公立の小学校でもこの1学期のまとめの時期に入ります。 すると、それぞれの教科でまとめのテストが行われます。最近は過去問題を繰り返し練習しておいて、そのまとめテストを受けるようなところもあります。 したがって大まかな成績を知ることはできても、真の実力がついているかどうかは、やはり、オープン参加の民間で行われているテストをお受けになるほうが、わかると考えます。 入試のある進…

続きを読む

テストは終わってからがポイント

これから小学校ではつぎつぎとテスト結果が返ってきます。3月は授業もありますが、先生方はしばらくすると3学期のまとめと成績表(通知表)をつけることに追われます。 皆さんはテストの点数に一喜一憂するだけでなく、どうして間違ったか必ず自分なりに考え直してみることが必要です。むしろテストのこの見直しのときこそ成績を上げるチャンスだからです。   テストが終わってすぐの…

続きを読む

小数点のあるかけ算

5年生のみなさんは、小数点のあるかけ算を習いました。忘れていませんか。 4年生までの、かけ算の筆算をわかるようになっていますか。「うん、だんじょうぶ。でも今度習った小数のかけ算は、小数点の位置がちょっと・・・自信ない。」そうですか。 それならば、この問題。  2.4×6.5 これはどうですか。「え~と、筆算だね。こうして・・・。」どうですか。 「1560までは出せたけど…

続きを読む

学力向上から見えるもの(生活面から)

以前の話から 多くの生徒と接してきました。6才から大学院生まで。これまで授業などで直接教えた人数でおよそ2000名ほどでしょうか。子どもたち(一部は青年)の様子から見えてくることがあります。 それはその子が親とどう接してきたかという点です。ここでは学力だけでいろいろとその子どもを評価することは避けたいですが、少なくとも、勉強や他のことに対する意欲や自主性という面で捉えていただければと思い…

続きを読む

理科問題集について

中学入試を受けるにあたって、算数や国語については数多くの中学入試の参考書や問題集があります。しかし、理科や社会については、多くの出版社が受験生専用のものを必ずしも準備してくれているとは限りません。 特にご自宅でご両親が教えていらっしゃるご家庭や、理科・社会については講座を持っていない塾もあります。あるいは理科・社会が公立中学に進むクラスと合同という塾も多いものです。 したがって市販品…

続きを読む

単位の変えかた

単位を変えるのをまちがいやすい人はこうしてみてください。まずは単位についてのつぎの問題をといてみましょう。 問1. 0.4Lは何mLでしょうか。   この問題でう~んと頭で考えようとして手がとまってしまう人がいます。この問題をとくコツがあります。まずこれをしっかりおぼえることです。    1L=1000mL=1000cm3   これなら知っているよ。という人が多いでしょう。こ…

続きを読む

「単位量あたりの大きさ」の考え方

単位量あたりの大きさのところで、1個あたり、1kgあたりという問題ばかり解いていると、次のような問題のときに計算式がわからなくなるときがあります。そんな人がいたら読んでみてください。標準よりちょっと上の問題です。 例1.100gが120円の豚肉があります。この肉300gでは値段はいくらになるでしょう。(消費税は考えないとして) 解き方わかりますか。「ええと・・・数字が3つ出てくるし・・・。ど…

続きを読む

2けたの割り算

小3でわり算を習っています。その際に最初は、かけ算九九を使って容易に答えがひとけたで求められる問題を習います。 ところが・・・。答えが二けたになる問題がそこに登場します。 例えばこのような問題です。  80÷4 です。子どもたちはここで一瞬ひるみます。「九九にないよ、これ。」と思うでしょう。 実際にはこうして解きます。えんぴつの先で0のところを隠して、  8÷…

続きを読む